LINK
起こるのが車の事故です。ここで何をどうやって作業したことが要因となり保険金の受け取りもかなり変わる状況も想定されますので間違えない考えと対応が必要です。想像できない場面にあって冷静さを失ってしまったならば大事な場面を見過ごしてしまい、この先自らがとても大きな損を負うケースもありますので事故を起こした状況では的確に以下に記述した行動を行います。車の事故に遭遇した場合に一番初めにするべきは怪我をした人の有無を確認する必要があります。自動車事故の後すぐは動揺してぼうぜん自失となってしまう状況がありすぐには対応できないのが通常です。ですから、負傷者がいた場合には危険ではない場所に運んでから応急処置して、周りに助けを呼ぶなどして怪我人第一に努めることが大事です。119番に連絡する時は正しい位置を知らせ良く分からない状況では辺りの有名な建物や番地名を伝えて事故現場の場所が分かってもらえるようにします。その後に警察へ連絡し、交通事故が起きた事また現在の様子を告げます。救急車と警察の到着を待つ内に相手の内容を確認します。名前、住所、電話番号、免許車のプレート事故の相手の方の自動車保険の会社名等お互いの内容を教えます。この時相手方に不手際があったような場合は、現場でやりくりしようとすることが存在しますがその場所で結論を出すのではなくどんな風な場合であれ警察署や保険屋さんに報告して、正確に判断してもらいます。関係者の情報を交換したら車のさまたげになることをやめるために障害になる物を道路の上からどかします。万が一障害物が他人の交通の障害物になっている場合は、お互いの情報を交換するより早くその作業を完了させても問題ありません。ここで自身が加入している自動車保険会社に連絡して、自動車事故があった旨を連絡します。車の事故から特定の時間内に自動車保険会社に電話を入れておかないと車の保険の適用除外にされる場面も想定されますので気がついたらすぐに電話を入れることが大事です。形跡として、手持ちのカメラや携帯電話のカメラなどを用いて現場や乗用車の破損状態を見ることができる写真を写します。この証拠写真は責任の割合決定する時に重要な証明となりますので、自らの愛車や先方の愛車の破損箇所を正しく証拠に残しておきます。その際に目撃者がいれば警察の人や保険屋さんの人がやってくるまでその場所にそのままいて頂くように求めることも忘れてはいけません。