LINK

民事再生は住宅のためのローンを含めて多重債務の問題に悩んでいる人々をターゲットとしてマイホームを維持したまま金銭面で立ち直るために法による債務圧縮の選択肢として2000年11月に施行された解決方法です。

民事再生には、破産申告みたいに免責不許可となる要素はないために競馬などで借金した場合においてもこの方法は取れますし、破産申請をすることで業務不可能になる可能性のある資格で仕事をされている場合等でも民事再生手続きは検討可能です。

破産宣告では住宅を残しておくことは許されませんし特定調停と任意整理では、借金した元金は戻していくことが必要ですので、住宅ローン等もある一方で完済するのは実際には簡単ではないでしょう。

ただし、民事再生を選択することができれば、住宅ローン以外の負債については相当な負債を減ずることも可能なため、余裕を持ちつつ住宅のためのローンを払いながらあとの借金を払っていくことができるというわけです。

といっても、民事再生という方法は任意整理や特定調停などとは違い一部分の借り入れだけを除き処理していくことはできませんし破産申告においてのように債務それそのもの消えるのではありません。

それに、これ以外の処理と比べて処理が簡単には進まず時間もかかりますので住宅ローンを組んでいてマンションを維持したい時などを除いて、破産申告等その他の債務整理ができない時の最終的な解決策と判断しておくのがいいでしょう。